企業コンセプト~私たちの想い

あの頃の恩返しのために私たちに今何ができるか

スポーツ応援プロジェクトを立ち上げた原点となる私たちの想いです。

あの頃、私たちも小学校の授業が終わると走って自宅に帰り、
練習着に着替えてパンをかじり、またすぐに走ってサッカーの練習に向かっていました。

もっと上手くなりたい。試合で勝ちたい。監督や支えてくれる人たちの期待に応えたい。
と、日が沈むまで仲間たちとボールを追いかける日々。

追いつき追い越され、点の取り合いの末に試合で勝った喜び
いつも厳しい監督に褒められた時の嬉しさ
共にボールを追いかけ続けた仲間への揺るぎない信頼
新しいユニフォームで大会参加した時の感謝
少年団最後の試合に挑むも思うようにいかず負けた悔しさ

幼少期に経験から感じたそれは、その後も私たちの成長を大きく支えました。

スポーツ応援プロジェクトが目指す未来

img_sample

あれから20年が経ち、私たちは、少子化や子供を取り巻く環境の変化によりスポーツ少年団が減少していることを知りました。地域によっては部員不足で大会に参加できず、また活動資金もなく存続の危機にある多くの団体様が懸命に活動されております。

「身体能力の向上だけではなく、人間形成にも大きな役割を果たすスポーツ少年団の活動に少しでも貢献させていただきたい。」

そして私たちは、あの頃の恩返しを胸に、このスポーツ応援プロジェクトを立ち上げることになりました。

「保護者、協力者の方々が一体となり子供たちの夢を応援する。子供たちは成長で感謝を伝える。」松和物産のスポーツ応援プロジェクトが目指す物品販売による活動資金づくりの形です。

全国の少年団や各種団体の皆様のご活動を応援するために本日もまごころを込めてお届けします。